ご挨拶

companyname
金保 安則|筑波大学オープンイノベーション国際戦略機構
機構長 金保 安則
〈副学長・理事〉
KANAHO, Yasunori
筑波大学オープンイノベーション国際戦略機構では、産業界の開発研究に関する課題を解決するため、企業主導の大規模なニーズドリブン型共同研究が実施できる体制を整備しております。産学共同研究の国際展開やベンチャーエコシステムの構築などを見据えて、コンプライアンス体制をしっかり整備して既存の考え方では躊躇しがちな研究成果の社会実装における壁を乗り越えることにより、大学が企業の事業戦略に貢献できるオープンイノベーションを目指します。
猿渡 康文|筑波大学オープンイノベーション国際戦略機構
副機構長 猿渡 康文
〈大学執行役員〉
SARUWATARI, Yasufumi
筑波大学は、失敗を恐れず果敢に挑戦する「チャレンジ・フィールド」を提供し、そのもとで教育および研究の先鋭化・高度化をはかりその成果を社会に還元することで社会変革を先導してきました。筑波大学オープンイノベーション国際戦略機構は、「チャレンジ・フィールド」で培った「挑戦するマインド」を礎に、オープンイノベーションの実現に向けた価値創造を推進します。
内田 史彦|筑波大学オープンイノベーション国際戦略機構
統括クリエイティブマネージャー
内田 史彦
UCHIDA, Fumihiko
筑波大学は、学際性、国際性そして教員・学生の高い起業マインドを特長とする大学です。当機構では、これらの強みを最大限に活用し、以下の3つの取組みにより、全学を対象とする大型民間資金を担い、持続的に拡大する革新的なオープンイノベーションに挑戦します。
①ニーズドリブン型共同研究による外部資金の拡大
②オープンイノベーションの国際展開
③ベンチャーエコシステムによる研究成果の産業化

この実践に向けて、5つに分類した産業分野、国際分野、ベンチャー分野に、それぞれプロフェッショナル人材を配置するとともに、人文系との連携により利益相反・競争政策を含む先進的なコンプライアンス体制を構築します。