取組概要

companyname

筑波大学 オープンイノベーション国際戦略機構の主な取組概要です。

ニーズドリブン型共同研究による
外部資金の拡大
企業の共同研究ニーズを最適教員群で実現

■産業分野別教員データベースによる教員チーム構築
■共同研究テーマ開拓“ワークショップ”

中長期の大型共同研究に向けた独自制度

■開発研究センター:外部資金で運営するセンター
■特別共同研究事業:企業担当者を教員として雇用

詳細はこちら

オープンイノベーションの
国際展開
国際産学連携・ベンチャー育成拠点設置

■海外企業との組織対組織連携
■海外投資家からの資金調達

①ボストン ②サンディエゴ ③シリコンバレー

詳細はこちら

ベンチャーエコシステムの強化
大学発ベンチャーによる研究成果の産業化

【指標の変革】
件数⇒資金調達額⇒時価総額⇒売上

大学発ベンチャーのエコシステム強化

①共同研究 ②寄附金 ③新株予約権 ④教育

詳細はこちら

コンプライアンス体制
専門チームとの連携による推進
■安全保障輸出管理 学内利益相反・輸出管理部門
■利益相反 学内利益相反・輸出管理部門
■情報セキュリティ IPA(情報処理推進機構)メンバー
■競争政策 公正取引委員会メンバー

詳細はこちら

主な取組み

  • 企業ニーズドリブンで将来の社会課題を共有し、アンダーワンルーフ構想のもと
    企業と大学が一体となって学際的なチームを組み、大型の共同研究を推進する。
  • 海外拠点を有効に活用し、海外ライセンス活動・資金調達を活発化する。
  • 大学発ベンチャーの立上げを大学が積極的に後押し、
    大学発ベンチャーとの共同研究を拡充、ストックオプション制度を有効活用して資金の好循環を達成する。